2017/05/26 からの BTC 暴落について

先週金曜日(26日)の明け方くらいから BTC の価格が突如下がり始めました。

前日の木曜日は高値を更新し 33万円/BTC を付けていたものの明けて金曜日の朝には 26万円/BTC まで売られていました。ただ金曜の日中には持ち直して 30万円/BTC 前後まで回復していましたので、わたくしアルタは静観しておりました。

しかし金曜の夜21時頃にまた売られて 26万円/BTC に転落。そこから土曜日の夜まで丸24時間ずるずると下がり続けました。一番安い時で 21 万円/BTC になっていたと記憶しています。今現在29日の月曜ですが 26万円/BTC あたりをうろついています。

この週末の件で冷や汗をかいた方も沢山いたのではないかと思いますが、わたくしは 26 万円/BTC で一旦損切りしていました。その後下がったところで買い戻そうと思っていたのですが最安値では掴めず 24万円/BTC あたりで買い戻しました。結果的に保有 BTC は増えたので個人的には良しとします。

ただ気になったのはその他のアルトコインが BTC に引きづられて売られていたこと。この辺りの相関関係についてはまだ良くわかっておりませんが、現状のパワーバランスだと諸々のアルトコインは BTC の影響を受けるということが分かりました。

アルタ ノービス

Bitcoin、Altcoin 初心者です。このブログは独自の仮想通貨を流通させることを目論む過程を記録するドキュメンタリーブログです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です