Bitcoin とブロックチェーンへの固定概念が崩れた話

わたくし、アルタが Bitcoin/Altcoin/ブロックチェーンになぜ興味をそそられたのかを書いてみます。ブロックチェーン=単なる決済手段だと思っている人は認識が変わると思いますので是非読んでみてください。

Bitcoin との出会い

初めて Bitcoin を認識したのは 2013 年の末だったと思います。その頃はなんだか面白そうなものが出てきたなあ。少し持っておきたいなぁ程度の興味でした。投機的な下心もありましたが手を出しませんでした。後に買っておけば良かったなと後悔することになりますが…そのあと Bitcoin 周辺でネガティブな話題が続きまして、すっか興味が失せていました。

ところが 2015 年末ごろにブロックチェーンの仕組みを少し理解してからは、技術的に多少の興味が出てきます。ただ、決済用途で使う技術の1つであり WEB 界隈で頻繁に使われうるものではないという認識でした。

余談ですが、わたくしは WEB 系のエンジニアをしておりますので、ブロックチェーンの技術とは近しい領域で仕事をしております。また IT 界隈は新しく画期的な技術に溢れており、仕事柄それらをある程度キャッチアップしておく必要があります。しかしこれらの新しい技術というのは、もてはやされるだけでメインストリームに上がってこないモノもごまんとあります。

ところが先日(GW 前だったと思う)知り合いからブロックチェーン近辺の最新情報を聞く機会があり認識が 180° 変わりました。主に次の3点です。

スマートコントラクト

まず驚いたのがスマートコントラクトです。これはある一定の手続き(プログラム)をブロックチェーン上で実行できるという仕組みです。これでブロックチェーン = 決済手段という認識が崩れ去りました。この仕組みを使うとブロックチェーンへのトランザクションをトリガーにして、プログラムされた一定のアクションを引き起こすことができます。つまりブロックチェーンを使ってアプリケーションを作ることができるようになります。

スマートコントラクトについては、実装レベルでどのような仕組みになっているのか全くイメージがついていませんが今後簡単なプログラムを動かして実験していきたいと思います。

デジタルコンテンツの所有記録

次に驚いたのが、Blockai などのようにデジタルコンテンツの所有記録をブロックチェーンを使って行う動きがあることです。現状、複製し放題なインターネット空間においてデジタルコンテンツの所有を主張することが可能になるかもしれないという点において画期的だと思いました。ただ、こちらはまだまだ問題もありそうです。

ICO という資金調達方法

最後に ICO と呼ばれる仮想通貨を用いた新しい資金調達の方法です。従来ベンチャー企業はサービスを開発してリリースします。サービスの人気が得られれば、同時に企業価値も高まりますので、株式公開を行って株式市場から資金を調達します。これは IPO と呼ばれています。

これに対して ICO はサービスで使える仮想通貨を売り出します。このサービスが今後伸びると予想する人は、この仮想通貨がまだ安く買えるうちに欲しくなり、この仮想通貨を購入します。その結果サービス運営者は資金を調達することができます。これは直感的で画期的な方法です。これからは新しいサービスと仮想通貨がセットで立ち上げられることになるかもしれないと強く思いました。

 

以上3点が、アルタの中に深く刻まれました。そして勢いでこのようなブログを立ち上げてしまいました。私のBitcoin/Altcoin熱と世間の過熱感が一過性のものでないことを願うばかりです。

アルタ ノービス

Bitcoin、Altcoin 初心者です。このブログは独自の仮想通貨を流通させることを目論む過程を記録するドキュメンタリーブログです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です